エストニア独立100周年レセプションパーティ

エストニア独立100周年レセプションパーティ

光栄なことに、駐日エストニア大使館からご招待をいただき、6月21日にエストニア独立100周年の記念パーティーに伺いました。
エストニアの独立100周年についてよくわからないなというかたは、こちらの記事をご覧ください。
会場は明治記念館でした。都内に住んでおりましたが、こんなに緑あるゴージャスな場所が東京の中心にあったとは、驚きの発見でした。

100th Anniversary of Repablic of Estoniaというサインを発見しました。

会場の入口には在大阪名誉領事からのお花が飾られていました。国旗の色に合わせた青と白のお花で、エストニアが表されていました。

乾杯! Terviseks!
特命全権大使のJaak Lensment閣下とひとりずつご挨拶をする時間があり、心の準備をしていなかったので、ドキドキしてしまいました。
招待客お一人ずつご挨拶くださり、私の番になりまして、「エストニア料理を作っています。」と申し上げましたところ、「知ってますよ。」という驚きの発言に嬉しくなりました。
招待客は約100名ほどで、エストニアとの交流に関係のある方々が一堂に会していました。
Jaak Lensment閣下のご挨拶があり、その後、エストニア自民党平井卓也議員の乾杯の音頭で、レセプションが始まりました。

FRÄNDER(フレンデル)の演奏
その後、FRÄNDER(フレンデル)という、スウェーデンとエストニア人のフォークミュージックバンドの演奏がありました。6月22日から27日まで全国ツアーをされるということで、ちょうど日本にいらしていました。とても気持ち良い歌声と楽曲でした。

お食事
そして、エストニア料理屋としては、最大の注目は、お食事メニューです。和洋アジア料理と様々な好みに応じたたくさんのメニューは迷ってしまうほどでした。
エストニア料理ももちろんありました。真っ先に画像を撮りました。エストニア風ミートボールそしてローストポークザワークラウト添えでした。これだけでもエストニアの雰囲気が十分出ています。

その隣には、エストニアンポテトサラダです。

IPAビール
テーブルにはエストニアのPÕHJALAというIPAビールが華を添えていました。面白いのはラベルですが、鮫や車のラベルという尖ったセンスで目と舌で楽しめました。ラベルによって味が全く違います。
東京では新宿のFrigoさんで飲むことができます。ご興味あれば、ぜひ行かれてみてください。

スイーツ
最後にお楽しみのスイーツです。まずは、セモリナームースです。ベリーがたくさん入っていて、さっぱりした味でいくつでも食べられそうでした。

今回のメニューで一番好きだったKirju Koer(キリュウ・コエル)です。「カラフルな犬」というデザートです。下の画像のチョコレートの塊がそれです。中にビスケットなど様々な物が入っているお菓子です。面白い名前なのですが、様々な物が入っているので「カラフルな犬」という名前になったようです。こちらは、イベントでも今後作りたいスイーツになりました。
もうひとつは、ルバーブジャムが入ったケーキです。右下のスポンジのような物がそれです。ルバーブは日本でも北のほうで採れますが、エストニアではルバーブケーキは人気です。酸っぱさが甘さを抑えて、いくつでも食べられそうです。
欲張って全種類持ってきてしまいました。

会場では、たくさんの方が思い思いに交流していました。
私も何人かの方々とエストニアという共通の話題で語り合い、あっと言う間に宴は過ぎてしまいました。

最後に
今回はこのような貴重な経験をさせていただき、エストニア大使館の方々に感謝をいたします。
エストニア料理を通じて、今後もエストニアと日本の交流活動を続けていきたいと思います。
独立100周年おめでとうございます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です