News

  • エストニアの喜ばれるお土産

    これからエストニアに旅行に行くぞというかたや、現在エストニアで旅行中のかたで、友達や職場にお土産を選ぶのにどれを選んだら良いか悩んでいるかたも多いのではないでしょうか?
    私はできるだけお土産選びに時間を取られず、かつ、差し上げても口に合うものや趣味に合うもので間違いないものを選びたいと思ってしまいます。現地にいる時間を充実したものにしたいので、できるだけ悩みたくないです。
    お土産選びの時間もひとつの観光と思えば、苦にならないのですが、同行者がいらした場合は待たせるのも辛いですからね。
    そんなわけで、エストニアから帰国してから喜んでもらえるお土産を今回は4品ご紹介します。

    • Kalev(カレフ)のチョコレート

    「あ〜」と思われる方もいらっしゃるほどエストニアでは有名なお菓子メーカーです。Kalevのチョコレートを買っておけば間違いないと言われるので、エストニアに行かれた際にはほとんどの方が買っていると思います。
    スーパーへ行くといろいろな種類のチョコレートが並んでいるので、どのフレーバーにするかを迷ってしまいます。期間限定商品やウエハース入りなどあります。Tallinnという名前のウエハース入りのチョコレートもありますので、首都名が入っているのはお土産としてはイメージしやすいかもしれません。
    また、スーパーですと、グラム単位で購入できるコーナーもありますので、少しずついろいろな味を楽しみたいという方にはおすすめです。

    • taarapõllu taluのベリーフレーバークリスプ

    2004年に設立されているtaarapõllu talu社は農場発のメーカーです。南エストニアのヴォルというところに農場を構え、ジャムやジュースなどエストニアで採れるベリーなどを使った果物で商品化させているメーカーです。
    その中でも、ベリー味のクリスプ(クッキー)は必ず購入する商品です。クッキーのような粉っぽさや甘さはあまりなく、ベリーの味がかなり濃いので酸っぱさが強く出ています。ですので、お菓子という感覚よりも食べやすいドライフルーツをいただいている感覚に近いと思います。
    ベリーを摂取する頻度が高いエストニアのお土産にぴったりです。
    普通のスーパーはあまり売っていませんが、空港のお土産コーナーにはありました。空港にはPETのケースが販売されていますが、小さな袋詰めのものもありますが、割れる恐れがあります。
    私が見つけたのはリンゴンベリー、クランベリー、シーバックソーンの3種類のフレーバーです。甘いのが苦手な方や健康に気遣う方にもよいと思います。

    • 黒パン(leib)のクラッカー

    エストニアでは黒パンをleib(レイブ)と言います。
    黒パンのコーナーはスーパーでもかなりの面積を使って販売しています。
    今回おすすめする黒パン(leib)のクラッカーはパン売り場の近くに置かれている場合があります。黒パンを購入するよりも軽く、あげた方も、ビールのおつまみにしたり、クラッカーの上に何かを乗せてフィンガーフードにすることができると思います。また、黒パンというエストニアの国民食である黒パン(leib)の要素もあるので、エストニアの雰囲気を十分体験できると思います。

    • TAMME TALUのハーブティー

    TAMME TALUもエストニアの農場発のメーカーです。このシリーズのハーブティーは多くのスーパーで販売しています。実際エストニアではお茶といえば、ハーブティーを飲む習慣が多く、パッケージもナチュラルな手書き風で、様々な種類のフレーバーが販売されています。絵を見るとどんなお茶か想像できます。別のメーカーもありますので、比較しながら選ぶのも良いと思います。

    以上4品、比較的軽く、入手しやすく、さらに持ち運びがしやすいお土産としておすすめの品でした。今後も出てきましたら追記してまいります。

  • エストニアで自動車を運転するには(レンタカー編)

    私にとって初めての夏のエストニア。
    エストニアはバスも発達しており、タリンとタルトゥ間はかなりの本数が出ているので、通常の観光でお越しの際はレンタカーは必須でもないので費用や安全面においても断然バスをおすすめしたいところです。
    しかしながら今回限られた日程で国内の各地方を忙しく周る必要があり、レンタカーを借りることになりました。

    もともと日本ではペーパードライバーということもあり、ゴールドではありますが、運転にはあまり自信がある方ではありませんが、エストニアの各所を周るべく全力を出し切ることに決めました。(苦笑)

    レンタカーを海外で運転するにはまず、日本の運転免許証を持っている方は、国際運転免許証の取得が必要です。この方法については、こちらで案内していますので、参考になさってください。

    エストニアで車を借りる際に持っていくもの
    日本の運転免許証(コピー不可)
    国際運転免許証(コピー不可)
    パスポート(コピー不可)
    上記3種類を必ず持参してください。

    レンタカー予約
    我々は世界的にも有名であるHertzレンタカーで借りることに決めました。
    HPは日本語でも予約できますので、特に不安なことはありません。48時間前までキャンセルなど無料でできるので、急遽変更になった場合にも対応可能です。希望の車種を選んで出発前にクレジットカードで支払いができます。AT車よりマニュアル車の方が多いので、AT車限定のかたはAT車かどうかを確認しながらご予約ください。
    車に余裕があれば現地での車種変更や保険内容の変更もできます。
    その差額は返却時に全て精算されます。

    車の受け渡し
    我々はタリン空港で借りましたが、エストニア国内で他にも借りられる場所はHertzはありました。サーレマー島、タルトゥ、タリン市内でも借りることができるようです。
    タリン空港は到着ロビーを出口に向かって右方向のエスカレーターで降りた端に、レンタカー会社のブースがありました。
    すこしわかりにくい場所にあるので、わからない場合はインフォメーションのスタッフに質問してみましょう。

    タリン空港Hertzレンタカーの窓口

    そして、窓口に行くとスタッフが丁寧に対応してくれます。レンタカーの種類で変更したい場合はこの時に変更の申し出をすると余裕がある時は変更できます。保険内容も変更可能です。
    上記の必要書類のコピーなどを取られますので、提出してください。

    デスクに車種リストがあります。マニュアルが比較的選択肢としては多いと思います。AT車限定の方は車種を選ぶ際にも気をつけてください。

    上の写真にありますが、運転できるエリアを指定することもできます。今回はエストニア国内のみという枠でのレンタルでした。
    他国に行きたい際はその対応の契約となります。その場合はレンタル費用は確実に変わってきます。
    乗り捨てシステムもあるのかもしれませんが、今回は出発地に戻るという設定で借りたので確認できておりません。

    日本と違うのはキーを渡されたら、受け渡しはスタッフ同席せず、キーと書類だけを持って借りる車のナンバーと一致するかを確認し、そのまま発車します。
    何か相違がある時はこの時に窓口まで行くのが良いと思います。
    特に問題なかったので、このまま出発しました。
    夏のエストニアは午後10時でもまだ太陽が沈んでいない夕方のような日差しですので、夏は非常に運転しやすいと思います。

    SkodaのKodiaqという車種を借りました

    Skodaは日本には輸入されておらず乗っている人はほとんどいないと思いますが、もともとはチェコのメーカーで、現在はフォルクスワーゲンの傘下とあります。エストニアでは大衆車メーカーとしては有名です。比較的高いレンタル費用でしたが、実はこの車種を借りたのは理由がありまして・・・

    次回は、エストニアの車の運転についてをレポートしたいと思います。

  • 世界の料理を食べ尽くすチームWGTがエストニア料理を食べに来てくれました。

    ことの始まりは一通のメールからでした。
    WGT(World Gourmet Tour in Japan)さんという世界のお料理を日本で食べ歩くという、楽しい会を行っている団体の方からのお問い合わせでした。145回目のお食事会ということで、エストニアはなんと・・・145ヶ国目。エストニア料理はやはり日本にはこれまでも皆無だったそうです。
    2000年から活動されている中での今回のエストニア料理とのこと、約20年です。

    歴史ある活動の方々が我がエストニア料理を食べてくださるということ。開催が七夕の日(7月7日)ということも、偶然でしたがロマンチックな気分になりました。この日はちょうどうちにいるエストニア人が5年に1度の歌と踊りの合唱祭のため、帰国しておりエストニア人が接客ができず残念でした。
    生中継でエストニアと日本を結べたらよかったのですが、確認したところ移動中で実施することができませんでした。

    詳細はWGTさんのレポートがありますので割愛します。リンクの左側にWGTとありまして、そちらからエストニア料理のレポートにアクセスいただくことができると思います。
    いつも料理をしているときにはほぼ写真を取ることができないので、よくできたお料理のときは惜しいなと思いながらですが、今回は、WGTさんのご好意で撮影してくださった画像を拝借できますので、その日に出したお料理を説明していきます。

    おなじみ黒パンの上にのせたオープンサンド。みなさん思い思いに様々な具を乗せていただきました。

    ビーツのサラダ。ビーツがピンク色にしていますが、味はポテトサラダ。ソ連だった頃の影響が大きく、このサラダはロシア料理にも出てきます。エストニアのみなさんも大好きです。

    シュルトと言われる肉の煮こごりです。豚肉と鶏肉をこの日は使いました。
    ゼラチンを入れずとも、骨の部分などを煮込んで固めるので、プルプルに固まります。WGTさんの評価でもこちらが美味しかったというコメントもいただき、前日からの仕込みで頑張った甲斐がありました。

    ロシア料理でおなじみのボルシチはエストニアでも普通にいただきます。今年は新鮮なビーツが手に入ったので、ビーツ多めの献立でした。白いサワークリームを混ぜるとピンク色に変化します。

    サーモンにジュニパーベリーが混ざったビーツを乗せて焼いたメイン料理登場。

    とお料理の間にも、WGTさんの7名の方々がエストニアについて事細かく調査された事項をみなさんでシェアされていました。これまでお料理のイベントを何度も行ってまいりましたが、予習が本当に深かったです。
    なかなか普通の方が知らないような知識もご存知で、エストニアに携わる者としてとても嬉しくなりました。なんでも、このWGTはその国の話を語りながらいただくという活動ですので、エストニア以外のお話はほとんど出さないというポリシーだそうです。気合が違います。

    ニシンの酢漬け、ディルをサワークリームに入れた自称「万能ソース」をポテトにかけていただくとたちまちエストニアの風が流れます。

    血のソーセージは日本にはないと思っていたのですが、実はありました。ドイツのソーセージを製造されているメーカーさんが作られていました。私自身では材料の都合などで作れないので、こちらから購入し、エストニアにある血のソーセージとの相違が少ないことで採用いたしました。といっても、何種類か購入して、一番このソーセージが似ているということで、まだまだ家の冷凍庫に違う種類のソーセージが眠っています。これにリンゴンベリーをつけるのが北欧流。
    エストニアも2017年に北欧に入ったそうですが、食文化はすでにフィンランド、スウェーデンの影響は強くあります。

    最後は、カマという日本でははったい粉に似た大麦や小麦が粉になったものをヨーグルトで混ぜたメニューがデザートとしてご案内しました。
    日本にはない食材を興味津々で口にしてくださり、本当に嬉しかったです。掲載していないメニューもありますが、印象的なメニューのみ掲載いたしました。

    食文化を共有することは相手を知りたいという気持ちの現れだと思います。体験することでその国の文化、歴史や人々の考え方など触れることができると思います。

    そういう意味でも20年間世界各国のお料理を国内で食べ続けるWGTさんは世界平和や分かち合いに繋がる活動としみじみ実感しました。
    ありがとうございました。

  • 世界の「包む」料理をみんなで作ろう!@CookpadDo!代官山

    今月のビックイベントは表題のCookpadDo!さんとのイベントでした。
    25人の参加者と5種類のお料理を1.5時間で作るという、まさに初体験の規模と内容でした。

    もともと、「世界ごはんエアー」という世界の料理を参加者が持ってきて楽しもう!という持ち寄りイベントを行っていたのですが、食の世界旅行をたくさんの方と一緒に作り、参加した方々がそれぞれ交流しやすくする場所を提供したいという目的で、CookpadDo!さんとのコラボレーションが実現しました。

    二ヶ月ほど前からCookpadDo!の担当の方と打ち合わせを重ね、テーマ決め、レシピ、告知、当日の流れ、まさかの内容変更などなどハプニングもありながらも当日を迎えるわけでありました。

    こちらがイベントのページです。
    5チームに別れて、5種類のメニューをみんなで作り、最後に全員で出来上がった料理をいただきます。当日作った世界の料理は、以下に記します。

    **包むおかず:スプロッティピルッカス(スプラッツパイ)[エストニア] **
    こちらはおなじみ超簡単エストニアのフィンガーフード。レシピもありますので、参加できなかった方にはぜひどうぞ。おそらく30分ほどですべての工程が終わりました。すごく簡単で、参加された方もびっくりでした。

    材料のオイルサーディンが余ったのでこんなお皿も登場しました。こういう臨機応変なところがワークショップでは大事な気がします。

    **包むおかず: 生春巻き[タイ]  **
    生春巻きも皆さんで綺麗に巻けました。エビと豚肉の二種類ができました。色鮮やかです。スイートチリソースの準備した量が少なかったのが反省でした。

    **包むメイン:トルトット・パプリカ[ハンガリー] **
    こちらは、パプリカの中にひき肉を詰め込んでいます。普段はパセリを混ぜますが、この時は調達したお野菜の人参の葉っぱが新鮮だったので、人参の葉っぱで代用しました。人参の葉っぱはパセリの代わりができますよ。
    ハンガリーに詳しいPiroskaさんがリーダーとなって、作ってくれました。とろみのソースはダマになっていたのを、参加者の方が素晴らしい腕を発揮して滑らかにすることができまして、大成功。2つに切った時に歓声が聞こえました。

    **包む炭水化物系:水餃子[中国] **
    水餃子は皮から作り、予想通り包むのに人海戦術でした。他のチームから応援があり、美味しそうにたくさんの包んでいただけました。皮にすこしオイルを入れているので、茹でた後もひっつかず、取りやすくなっているのが、さすが、アシスタントをしてくださったいくこさんのアイディアです。

    包まないサラダ: タッブーレ[レバノン]レバノン料理
    私も企画してからこのお料理を知りました。練習の時からパセリを大量に使ってレモン、オリーブオイルであっさりとまとめたサラダがとっても好きになりました。この日は押し麦を入れましたが、もともとはクスクスを入れます。押し麦のぷちぷちした食感が好きなのと、ご飯に入れる時などに購入できるので、日本の家庭で作りやすいレシピに変更しました。
    綺麗な色合いになりまして、包むだらけの料理に華を添えました。

    楽しそうに一緒に作り、召し上がってくださいました。
    企画はなかなか大変ではありましたが、本当に楽しい時間を共有できて、嬉しかったです。今後もこのような世界シリーズのイベントを継続して参加者の皆さんがお互いに交流できるような内容でできるようにしていければと思います。

  • レッドサラダ

    エストニアのレッドサラダはロシアでもいただくレッドサラダの影響がとても強いと思います。ピンクはビーツの色に染まっています。おそらく普通の料理ではあまり見ない色ですので初めて目にするかたはびっくりされるのではないでしょうか。エストニア人はこのサラダを見るとお母さんがよく作ってくれた味。といって懐かしく思い出します。

    ▪️材料 (4人分)

    玉ねぎ 4分の1

    ジャガイモ 中位の大きさ3個

    ゆで卵 2こ (黄身も硬く茹でます)

    りんご 半分

    ビーツ 缶詰 半分

    酢漬けのニシン 10gから20g(切り身にして6〜7枚程度(なくても良い)

    サワークリーム 大さじ3

    酢 大さじ1弱

    マスタード お好みで

    塩、こしょう 少々

    ディル 少々

    ▪️作り方

    1 皮をむいたジャガイモを茹で、さいの目に切ります。

    2 玉ねぎ、ゆで卵、ビーツはみじん切りにします。

    3 りんごは皮をむいて、さいの目にします。

    4 1から3を全てボウルに入れてます。

    5 ボウルの中にサワークリーム、マスタード、塩、こしょう、酢を入れで味を整えます。

    6 冷蔵庫に入れて2時間程度味を染み込ませます。味をみて足りない調味料を加えます。

    7 盛り付けの時にディルを載せると色合いが綺麗です。(なくても問題ありません)

    Point:ビーツを多く入れるとピンクが濃くなります。ビーツの量はお好みで増減してください。ニシンの酢漬けは日本ではIKEAにあるのが有名ですが、中に玉ねぎやにんじんなどの野菜と一緒に漬けている瓶に入っていることが多いです。その中の野菜も入れながらサラダを作ると味わい深くなります。もしも、ニシンがどうしても手に入らない場合は、ソーセージをみじん切りにして入れても良いです。また、マスタードは粒マスタードでも、練りマスタードでも良いです。和辛子ではないのでご注意ください。とにかくかわいい色になりますので、パッと華やかなテーブルになることでしょう。

  • エストニア万能ソース

    先日のイベントで、何気なく作っていたとあるソースが、みなさんが口々に「美味しいね」と言ってくださったのが印象的でした。そのソースの作り方があまりにも簡単なため、何度か聞き返され、こちらもびっくりということがありました。

    簡単すぎるのでレシピになるのかと思いますが、北欧料理やエストニア料理を作られる時には、このソースだけですぐにそれらしくなります。特に、バルト三国、北欧の方々がお友達がいらした時には、喜んでくださるかと思います。北欧に行かれた事がないかたでも、一度体験されるのは良いかもしれませんね。

    材料(二人分)

    1 ニシンの酢漬け 50g (お好みで増減してください)
    これはどこで見つけられるかといいますと、IKEAにあります。いくつか種類ありますが、お好みで。ちなみに、IKEAも近くにない場合は通販サイトでも購入できます。アクアビットジャパンさんのニシンマリネがおすすめです。

    2  サワークリーム 90ml

    3 こしょう、塩 、瓶の中の野菜など お好みで調整

    4 ディル お好み

    作り方

    1 ニシンの酢漬けの瓶詰めまたは酢漬けではなく、真空パックの物でも構いませんが用意します。1センチ四方ほどに切ります。

    2 サワークリームをボウルに開けます。

    3 サワークリームの中にニシンを切ったものを入れ、混ぜます。ニシンは多くするとより美味しくなります。お好みで瓶詰めの中のスパイス、または野菜を少しいれても良いです。最後にディルを刻んで混ぜます。

    この万能ソースは、ジャガイモにかけるとかなり美味しいジャガイモになります。他の野菜との相性ももちろんバッチリですので、アスパラ、かぼちゃ、キャベツ、ブロッコリーなどにも良いと思います。サワークリームがあっさりとした爽やかな味ですので、絶妙なバランスでマッチします。また、肉、魚料理にかけるのも美味しいです。万能ソースの上に小さく切ったディルを入れます。

    Keiko’sポイント:ディルはなくても問題ありませんが、あるとより北欧感が出ます。ディルは最近スーパーの野菜コーナーでタイムなど他のハーブと一緒に売られています。サワークリームはヨーグルトメーカーでも作る事ができます。いろいろな食材と一緒に組み合わせてみてください。

  • エストニアで自動車を運転するには(国際免許取得編)

    さて、この夏はエストニアに行かれる方が周囲でもいらっしゃるみたいです。(特に5年に1度開催される合唱祭があるということもあります)
    私は残念ながら合唱祭より遅くに渡航予定です。

    長期におやすみが取れるといいのですが、限られた日程で多くを巡りたいという方もいらっしゃると思います。そんな時は現地開催ツアーや日本からのツアーというのも効率的に観光できます。

    エストニアの交通は日本と比べるとそれほど発達していないので、エストニアの郊外など行く際には電車やバス、タクシーなどを使ってアクセスしようとすると、思いの外時間がかかってしまいます。限られた時間で自由に行動したいということと、観光以外でも用事がある私は、今回はレンタカーを借りて移動してみようと思います。

    まずは、国際運転免許証を入手するところから始めます。

    国際運転免許証は日本の運転免許証があれば、比較的簡単に取得できます。
    取得の方法は警視庁のサイト(東京の場合)にあります。

    用意するもの
    ・運転免許証
    ・パスポート
    ・証明写真(縦5cmx横4cm)x1枚
    ・渡航するe-ticketのプリント
        (どこかに必要とあったので、念のため持って行きましたが、一度も見せることはありませんでした)
    ・手数料 2,350円(現金)

    これらを携え、申請に行きます。
    ポイントですが、証明写真は現地で撮れると思いきや、私の行った府中運転免許試験場ではセルフで撮れるような証明写真の機械はなかったので、ぜひ、事前に指定のサイズの通りに写真を切って行かれることをおすすめします。
    証明写真は縦5cmx横4cmは普通のサイズではないため、ビザサイズの写真のサイズが5cmx5cmですので、それを撮って両端を5mmずつ切りました。
    私の場合は府中運転免許試験場でサイズを整えようとそのまま持って行きましたが、ハサミは申請書を書く場所にかろうじてありましたが、定規はなかったため、スマートフォンで定規を調べてようやっと5mmずつ切りました。

    と、申請書と上記の持ち物を提出すると、「渡航先はどちらですか?」と確認されます。「エストニアです。」と回答すると・・・

    「エストニアはジュネーブ条約に加盟していないので、現地で運転できるかどうかわかりません。」と衝撃の一言が!!

    渡されたジュネーブ条約加盟国リストの紙

    「どうしたらいいですかね?」と聴くと「エストニア大使館に確認してください。」とのこと・・・
    もっと調べてから行けばよかったと後悔が頭をよぎりました。「やめます?」と窓口の方が確認してくれましたが、せっかく府中まで来たので申請することにしました。

    運転できないのかもしれないな。と思いながら運転試験場を後にしました。
    あまりにも不安なため、うちのエストニア人に連絡しながらも、バスを待つ間に調べてみました。すると・・・下記URLに丁寧な説明がありました。

    以下、在エストニア日本国大使館webページからの引用です。

    エストニアでは、「ウィーン交通条約」及び日本が加盟している「ジュネーブ交通条約」に基づいて交付された免許証が有効です。つまり、日本人の場合は、日本の自動車運転免許証と国外運転免許証(公安委員会発行のいわゆる「国際運転免許証」。パスポートサイズのもの)を所持していれば、エストニア国内でも運転可能となります(ただし、エストニアに入国後、1年間のみ)。

    問題なく日本の運転免許証でエストニアで運転できることがわかり安心しました。
    次は、レンタカーの手配となります。ぜひ「レンタカー手配編」もお楽しみに〜。

  • 中学校の給食の献立にエストニア料理が紹介されました! (更新2019.5.14)

    先日、主催しているワールドごはんエアーというみんなでいろいろな国の料理を持ちよりたくさんの味を味わうイベントを開催しました。

    イベントの中で紹介したエストニア料理が、なんと東京都中央区の銀座中学校で2019年5月13日の給食の献立に加わることとなりました。
    関係者の皆様ありがとうございます。とうとう日本の中学生がエストニア料理を食べてくれます!
    銀座中学校の給食では月ごとにオリンピック&パラリンピック特集として、世界の食べ物を紹介されているそうです。

    こちらが5月13日の給食の献立です。中学生と一緒に食べてみたいです。国旗が輝いています。


    給食だよりでは、国旗付きのエストニア料理の紹介をしてくださっています。

    こちらにスプロッティピルカス(スプラッツパイ)を紹介しています。簡単なのでどなたでも作れます。ご興味あればぜひ作ってみてくださいね。フィンガーフードでパーティにはぴったりですし、ビールのお供にも合います。

    給食では様々な制約がありますので、イワシとなる予定だそうです。栄養士さんがバランスを考えて献立を作っているんですものね。大変なお仕事ですね。

    お料理を通じてエストニアという国について少しでも知ってもらえたら、うれしいなと思います。

    また、5月13日になりましたら実際どんな給食になったかという画像が掲載されますので、随時こちらのページを更新したいと思います。
    中学生がどう感じるか、とっても楽しみです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    さてさて、5月13日の給食の画像がアップされていました!!

    かなりリアルに再現されています。そして、なによりも焼き加減が絶妙で美味しそうです。
    献立を作ってくださった方からもご報告をいただき、冷めてしまうのでお魚の匂いが気になる生徒が多かったみたいです。
    初めて給食を機会にエストニアに触れてもらい、生徒の記憶にすこしでも残っていたら嬉しいなと思いました。
    世界の料理を給食で体験できるなんて、こんな学校に行きたかったなと思いました。
    採用くださった栄養士の方には感謝感謝です。ぜひ、みなさんもご自宅で作ってみてくださいね。

  • 第1回エストニアの黒パン(LEIB)の食べ比べ

    ずっと行いたかったのですが、日本ではエストニアの黒パンは輸入されていませんので、なかなかその機会に恵まれませんでした。

    ラッキーなことに8種類のエストニアの黒パン(leib)を侍に買って持ってきてもらえました。

    エストニアに旅行に行かれる方がよく言われるのが、「エストニアの黒パンが美味しかったです。」「黒パンは酸っぱい印象でなかなか好きになれなかったけれど、エストニアの黒パンはそのイメージを覆すものになりました。」という感想です。
    私も実は黒パンというと酸っぱくて硬いパンというイメージがありましたが、エストニアの黒パンに出会い、黒パンのイメージが変わりました。

    黒パンとはなんぞやですが、ライ麦を使って焼くパンのことです。小麦粉と違い、ライ麦で焼くパンは茶色っぽい色になるため、小麦粉のパンを白パン(エストニア語ではsai)に対して、ライ麦は黒パン(エストニア語ではleib/レイブ)と呼びます。エストニアでは、黒パンは主にお食事としていただくもの。白いパン(sai)はお菓子のカテゴリーとして考えられているようです。
    黒パン、ライ麦パンについては、Wikiにもありますので、ご参照ください。

    黒パン(leib)はエストニアになくてはならない食べ物で、日本の味噌汁やご飯に匹敵するものではないかと思います。時にはスープなどお料理に添えられたり、オープンサンドといって、薄く切った黒パンを野菜、チーズ、ペースト、ハム等様々な食材を乗せて一緒にいただきます。

    黒パンとひとことで言っても様々な味があります。
    エストニアでは黒パンを家で焼く人もいます。その家、人の味がありますし、それぞれ好みがあるので、たくさんの種類の黒パンが販売されています。エストニアの黒パン。どこで買えるのか?
    日本と同様ですが、観光客がよく行くような空港、スーパーやコンビニ、カフェ、レストラン、パン屋にあります。

    カフェ、レストランやパン屋にはそのお店のオリジナルのパンが販売されているので、必ず同じ黒パンがあるかどうかということはわかりません。
    一度レストランで出た美味しすぎて、余った黒パンを持ち帰りさせてもらったことがあります。レストランで食べきれなくなってしまったら、お店の方にお持ち帰りしてもよいかを確認しても良いですね。

    旅に行かれた際に、食べ比べして自分のベスト黒パンを探すのが一番よいと思いますが、旅の間にパンだけ食べているわけにはいかないので、このレポートが参考になれば嬉しいです。

    今回はエストニアで見つけやすいパンを選んできましたので、立ち寄ったスーパーや空港で購入できそうな商品です。
    私だけで試食するのも好みに偏ってしまうため、合計4人で試食しながら、日本人がエストニアに行って、持ちかえりたい黒パン(leib)を基準としてかんがえてまいります。

    黒パン有識者メンバー
    黒パン好きで北欧のライ麦パンを自家製酵母で作り続けているYOKOHAMA Cocotto主宰のまりあさん、エストニアの生はちみつ”メヴェダ”を輸入されている株式会社ラウダの宮井社長、自家製酵母で様々なパンを作りながら、錦糸町でパンやお菓子を教えてらっしゃるPomme’s KitchenのYukoさんの3名をお呼びして、「第1回黒パン有識者(笑)会議」を開催いたしました。

    さすが、有識者のみなさん今回の黒パン会議に事前に手作り黒パン、スコーン、はちみつなどご持参くださいました。

    以下は今回実食したエストニアの黒パンは下記です。
    《実食したパン8品》

    1. Muhu leib 
    Muhu leibはムフ島のパン屋さんです。ムフ島からどんどん全国に進出し、今ではスーパーや空港、お土産屋さんなどでも見ることができるメーカーで、今ではエストニアの黒パンといえば観光客に人気のMuhu leibとも言えそうです。
    こちらのパンは、1本丸ごと袋に入っています。カステラのような香ばしい匂いがします。スライスされていないので、もし凍らせる時には5ミリから8ミリほどの厚さにスライスしてから冷凍保存されるのがおすすめです。

    まりあ(以下ま):かなり甘めで、これだけで何もつけず食べられます。初心者向きで親しみやすい感じがします。そのまま食べるか、バターを塗るかシンプルな食べ方がおすすめです。
    宮井(以下宮):種の量のバランスが良し、食感が良いですね。
    ゆうこ(以下ゆ):食べやすいパン。酸味が少ない。食べる全員が「おいしい」と言うパンだと思います。

    まとめ
    「一様に食べやすい。初心者向きですね。」というコメントを残していました。この後有識者は黒パンの沼にはまっていきました。Muhu leibは他にもいろいろなバリエーションがあるので、今後もぜひ試してみたいところです。

    2. Fazer MUST 
    Fazerはフィンランドの会社で、もともとは小さなパン屋さんとお菓子屋さんが結婚したというところから、設立された会社です。現在は北欧を中心にバルト三国にも進出しております。日本で言うところのヤマザキのような会社かなと思います。
    こちらは、バンズ型でして、平べったいバンズが4つ入っています。何かを挟んで食べるもよし、そのまま何かを塗って一枚ずつ上下バラバラにいただくもよしの便利な商品です。

    ま: 甘みが最初に来て最後にさっぱりする感じです。
    宮:主張が少ないとおもいます。
    ゆ:パンが柔らかいです。バンズの形なので、挟む食材を邪魔しない感じです。種はあるのに種の存在があまり感じられないです。

    まとめ
    味が薄めというコメントが集まりました。この薄めというのはサンドした素材の味を邪魔しないようにしているためではないかという考察です。バンズなので、ハンバーガーのように肉や魚と野菜をたくさん挟んで食べてみたいなと思います。

    3. eesti pagar must 
    eesti pagarはエストニアの中で最大のパンメーカーです。風車のロゴがかわいいですね。現在は40%のシェアを持っています。
    厚さは8ミリほどにスライスされており、比較的小さいサイズです。色が黒めです。少なめで小さめなので、一人暮らしなど家族が少ない場合には便利なサイズです。

    ま:種がないタイプですね。酸味があるけども嫌な酸味ではない
    宮:ダントツの酸味、食感がしっかりしています。
    ゆ:酸っぱいのが好きなので、食べやすく感じます。

    まとめ
    黒パンの特徴である酸味が出た商品でした。酸っぱいのが好きな人はこの商品がおすすめです。

    4. eesti pagar Rehe 
    外側に種が付いており、外観はかなり特徴的です。こちらはReheというシリーズのパンです。Reheのシリーズでも種が付いていない商品もあります。
    Reheシリーズを購入して、現在6台のサウナと50本のタオルが当たるキャンペーンをしています。サウナ!

    ま:甘みが控えめで、お料理と合いますね。派手なんだけど、遊ぶならこの娘とかな?とそんな感じですね。
    宮:食感がしっかりしていて、黒パンを楽しむ感じがします。
    ゆ:種の歯ごたえがあって、アクセントになっています。バターをつけると美味しくなります。ぷちっとしていて食感が楽しめます。

    まとめ
    種がぷちぷちしているので、食感を楽しみたい人はぜひ購入していただきたい品です。

    5. Leibur Rukkileib 
    Leiburは1762年設立され、エストニアで一番歴史のあるパンの会社です。国内シェアは約30%です。ロゴが食パンをもじっており、面白いですね。
    前出の4品と比べると、色が薄いです。(ライ麦パンとして、自然な色かもしれません)スライスされています。

    ま:3のeesti pagar must と似ていますね。バター、きゅうり、塩を乗せて食べると美味しいと思いますよ〜。(やってみる)

    宮:一番さっぱりしているな・・・と思いきや、最後黒パンの味が来ました。
    ゆ:最初に香りをかいだら酸味が来て、最後にきゅっと酸っぱい

    まとめ
    後味の酸味が強いタイプですね。このタイプははちみつをつけると味が変わっていく楽しみがあります。

    6. eesti pagar MUST jassy 
    こちらも小さめのサイズで、家族が少ない人にはおすすめの量です。種がかなり多く入っており、エストニアの黒パンらしい形をしています。

    ま: 気を抜いていたら、甘くないケーキを食べている感じになりますね。
    宮: 2のFazer mustと似ていますね。
    ゆ:ココアの味と、味噌が入っている感じがしますね〜。少し日本を感じます。

    まとめ
    甘さ控えめな黒パンですね。ココアの味が強く出ていました。こちらも一緒にいただく食材の味が引き立つおとなしめの味です。

    7. Fazer must leib 
    大きめの丸いパンという感じです。上に少し粉がかかっています。スライス済みです。パッケージが独立100周年のロゴとエストニアカラーというのがお土産や日本に持ち帰る時に楽しいかもしれません。ここまでで、mustという意味はなんだろうか?という疑問がわいてきまして、調べてみると「黒」という意味でした。意味としては「黒のパン」ということなんでしょうね。確かに黒いです。

    ま:柔らかいですね。こないだ食べたウクライナのパンに似ていますよ。
    宮:食べやすい!日本人の好きそうな食感です。種の感じがないので、種が嫌いな人も良いと思います。ヘルシーな黒糖蒸しパンのような雰囲気ありますね。
    ゆ:すごい食べやすいですね。黒糖が入っている感じ。しっとりしています。

    まとめ
    全員が一致して「食べやすい」「日本人が好きそうな食感」というコメント。かくいう私は15個買ってきてほしいと家でのたまりました。一番色としては黒い感じがしました。

    8. Leibur TALINNA PEENLEIB 
    かなり他のパンと比べると色が明るいです。
    比較的大きなパンですが8ミリほどにスライスされています。香りはほんのりキャラウェイシードが入っています。製品名の「TALLINNA PEEN LEIB」とはタリンの細かい粉/上質な黒パンという意味です。ジャケ買い的に購入もいいと思います。

    ま:一番白い色ですね。キャラウェイシードがはいってますよね。
    宮:初めて食べます。これキャラウェイシードっていうんですか?
    ゆ:キャラウェイシードの香りが引き立っていますね。はちみつをつけるとより楽しめますね。

    まとめ
    キャラウェイシードはエストニアの黒パンでは欠かせないスパイスです。すこしスーッとする感じがしますが、手作りのパンの中にはこのスパイスを入れているパターンが多いですので、エストニアのお土産としては面白いかもしれませんね。

    今回は、8種類を紹介いたしました。この中からエストニアから10時間以上かけて持って帰りたい黒パン(leib)を1位から3位まで決めることになりました。

    お持ち帰りおすすめleibランキング
    まりあさん
    1位 7. Fazer must leib 
    2位    1. Muhu leib
    3位 2. Fazer must

    ゆうこさん
    1位    4. eesti pagar Rehe
    2位 7. Fazer must leib
    3位    2. Fazer must

    宮井さん
    1位 1. Muhu leib
    2位 7. Fazer must leib
    3位 3. eesti pagar must

    エストニア料理屋さん
    1位 7. Fazer must leib
    2位    6. eesti pagar MUST jassy
    3位 1. Muhu leib

    味覚に個人差がありますので、優劣はつけがたいですが、今回4人で行った会議では、7のFazer must leibは必ず持って帰りたいリストに入っていました。また1のMuhu leibはエストニア関係のかたには非常に有名で、いつもお持ち帰りされているかたが多いかと思いますが、例に漏れず3名が選んでいました。
    ぜひ、エストニアに行かれた際は、あなたの好きな黒パンを見つけてみてくださいね。
    またこれ以外の種類が増えたら、第2回黒パン有識者会議を開きたいと思います。

  • サーモンとジャガイモのオーブン焼き

    サーモンはエストニアも、他の近隣諸国もよく料理になる食材です。「またか・・・」というほどサーモンを多用しているメニューが多い事も事実です。しかしながら、サーモンとクリームの相性は最高というのもまぎれもない事実です。やはりこの辺りの食べ合わせですと、エストニア近隣出身の方々はテンションが上がると思いますので、北欧あたりのお友達がいらしたときには、作られると盛り上がるかもしれません。なにより、失敗することもなく、手軽で日本でも作りやすい料理です。

    ▪️材料(2人分)

    1 ジャガイモ 3〜4個(中ぐらい)

    2 玉ねぎ 1個

    3 サーモン 2〜3切れ

    4 生クリーム 200ml

    5 塩、こしょう、ディル、とびっこ お好み

    ▪️作り方

    1 玉ねぎを繊維にそって細長く切り、ジャガイモはフレンチフライよりも細めに細長に切ります。(5mm幅ほど)

    2 ジャガイモと玉ねぎを半分ずつ、オーブン皿に入れます。

    3 それらの上に塩こしょうをふりかけます。

    4 一口大に切ったサーモンをその上に並べます。

    5 また、その上に残りのジャガイモと玉ねぎを乗せます。上から生クリームをかけ、また塩こしょうをします。

    6 175度に熱したオーブンに1時間入れます。

    Point: オーブンから出したら熱々のうちにいただきます。グラタンよりも手頃で、生クリームと塩の絶妙なバランスが食欲を誘います。一緒に食べるのはパンがおすすめかもしれません。お皿に残っている生クリームをつけていただくと、最後まで美味しくいただけます。ディルやとびっこなどのトッピングはお好みでどうぞ。ディルは彩りを添えますし北欧には欠かせないハーブです。

    スウェーデン料理で有名な「ヤンソン氏の誘惑」もこの料理に似ていますが、違うところは、真ん中のサーモンの部分がアンチョビとなっています。

    このヤンソン氏の誘惑の名前の由来通り、箸が(フォークかな)止まりませんので、お気をつけください。笑