エストニア語講座


バルト三国最北に位置する「エストニア共和国」
1991年にソ連からの独立を経て、現在はIT分野に強い国としても有名になりました。
首都タリンの旧市街はドイツ人がロシアとの貿易を行うための拠点として13世紀半ばに賑わう歴史ある場所です。
世界遺産に登録されている旧市街は、ドイツ人入植者による街並みです。国内の5カ所に国立公園があり、自然を大事にする風土が国民の中にも定着しています。約132万人のバルト三国でもっとも人口が少ない国です。
そんなエストニア人が話す「エストニア語」を楽しみながら学ぶ講座を行います。
初めて学ばれる方や、語学苦手と感じている方にも続けられるような飽きない内容を企画しております。
このイベントは「エストニア・日本友好100周年」公式イベントです。

エストニア・日本友好100周年については駐エストニア日本大使館のサイトにございますのでご参照ください。


現在エストニア語の講座は企画中です。
企画が決定しましたらこちらでご案内いたします。

終了した講座