「旅するエストニアまつり」開催のお知らせ(3/9更新)

「旅するエストニアまつり」開催のお知らせ(3/9更新)

ちくちくバルト舎さんと昨年から常々「エストニア」をテーマとしたイベントをしたいという話をしておりました。
「バルト三国」をテーマとしてイベントをされていることは多く、その中にエストニアが属しているということもあります。
ただバルト三国であると同時に、エストニアは文化的には独自で形成されている部分も多く、独自の特徴をご紹介できる機会をと考えておりました。

渋谷のとある喫茶店で数時間を使い、年末に準備を始め、途中様々な困難なこともあり、「なんでやろうとしてしまったんだろう・・・」という葛藤を二人で抱えながらも、ご協力いただいている方々に支えてもらいながら、ようやくイベントのご案内ができるようになりました。
「なんで、調布の仙川でエストニアのイベントをやるんだよ!」という疑問もあるかもしれませんが、これはひとえにツォモリリ文庫さんとのご縁によるものです。また、私の暮らしている街でエストニアのイベントができたら夢のようなことだと思い今回は調布市仙川で開催することとなりました。ツォモリリ文庫さんの場所は仙川では安藤忠雄さんが建築された作品ですので、コンクリート打ちっ放しの建築が並ぶ通称「安藤忠雄通り」の一角です。
初のイベントとしてはとても素晴らしい場所と思っております。(残念ながら現在外壁工事中ですので建物全体が足場に覆われてしまっております)

裏方がちくちくバルト舎さんと私ということで、文化面が強い傾向がありますが、まるでエストニアに行ったかのような初めてエストニアを知る人もエストニアのことが詳しい方も、まずはエストニアという場所がどんな場所か、どなたでも楽しめるイベントにしたいと思っております。

ステージや一部のワークショップはすでにSNSなどで公開されております。
どのステージもワークショップも来場者の方が楽しい体験となるように登壇の方々も工夫を凝らしてくださっています。

我々が独断と偏見で語ってほしいステージを入れていったら、自分たちがイベントをやることになったかを話をする時間がないことに気づきましたが、どこかで時間を見てステージでちくちくバルト舎さんと井戸端会議でもしようかなと思っているところです。(だれも聴いてもらえなくてもやろうかな笑)

以下

以下情報3月9日(月)更新しました。

ステージは無料です。
ご予約はこちらまでどうぞ。(ワンドリンクオーダー制)

4月17日(金) 19:00-19:45 音楽紙芝居「ルッキリルの手袋by nanakusabue
エストニアを題材とした生のクラリネットとの贅沢な紙芝居です。nanakusabue/ななくさぶえさんがエストニアに旅に行かれた時のインスピレーションでこのお話ができました。
大人が楽しむことができる内容ですので、ふるってご予約くださいませ。
また、当日はCDの販売もございます。

ワークショップは現在それぞれの講師が受付ページを作成中です。
4月17日(金) 11:00-14:00 ムフ島のモチーフと楽しむブローチとマグネット〜輪で編むインターシャ〜 (満員御礼)
4月17日(金) 15:00-18:00 ムフ島刺繍のブローチ
4月18日(土) 15:00-18:00 エストニアの葦と天然の藁で作るヒンメリ作り
4月19日(日) 15:00-18:00 ムフ島刺繍のミニBag作り
4月20日(月) 11:00-14:00 ムフ島クロスステッチ刺繍のバレッタ作り
全てのワークショップには、「エストニア料理屋さん」のデザートとお茶が付いております。ぜひエストニアの雰囲気を存分にお楽しみください。

その他最新情報は下記SNSでも発信いたします。どうぞフォローなどよろしくお願いいたします。

twitter

instagram

Facebook



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です