日本でフィンランドの食に触れる

日本でフィンランドの食に触れる

さて、バルト三国のブースはお邪魔しましたが、フィンランドブースも出展されていました。フィンランドはじめノルディックの国々の食文化はエストニアでも影響を受けています。

フィンランドのブースには、さまざまなメーカーが集合しており、フィンランド大使館協力のもと、さまざまな製品が展示されていました。その中の一部の商品をご紹介します。
まずは、ジャムやピクルス、ソースなどを製造されているメーカーさんのブース。
試食してみてくださいと言うことで、マヨネーズを・・・
「味が濃い!」日本のマヨネーズよりかなり濃い味。びっくりしました。
これはかなり美味しいので野菜が止まらない。と言う感じです。
Herkkumaaと言う会社の製品です。株式会社アクアさんのブログに、商品のパンフレット画像がありました。

コクのあるマヨネーズ

まだ日本に入っていないのだそうですが、サンドウィッチのパンに塗るマヨネーズとしてもかなり重宝しそうな感じがします。早く入って欲しいですね。
さて、次に私がびっくりしたのは、クラウドベリージャムです!日本ではほとんど販売しているのを見た事がないクラウドベリージャム。エストニアから帰国する際に普段はほとんど重いものは持ち帰る事がない、我が家のエストニア人が大きな瓶を買って持ち帰ったほどです。エストニアでも他のベリーと比べると高いイメージのあるクラウドベリー。日本で食べられるようになるのは本当に嬉しい事です。

帰宅後、我が家のエストニア人にこの写真を見せると、「どこで販売するのか?箱ごと買ってもいいか?」と食い気味に聴かれました。できれば手頃な価格で販売されると嬉しいのですがね。

話はずれますが、その昔クラウドベリージャムと言うスウェーデン出身のポップバンドがいたことを思い出しました。
どうやらメンバーが行っていた中華料理店のデザートの名前が由来だそうです。スウェーデンの中華料理店にはクラウドベリーのジャムを使ったデザートと言う美味しそうなメニューがあったのですねぇ。


話を戻しまして、次に私が見つけたのはかぼちゃのピクルスです。

このかぼちゃのピクルスは、日本ではなかなか作る事ができない商品。かぼちゃの種類が違うため、日本のかぼちゃを用いて作ってはみたものの失敗をした事があります。
この商品が日本に入ってくると、フィンランド人が喜ぶのと同時にエストニア人も喜びます!そして、例の如く試食しましたが、かなり食べやすい味です。
肉料理とジャガイモを食べるときにサイドに置く場合がエストニアでは多く、サワークリームがあいにく家になかったときにも活躍する一品。
日本でもそのような組み合わせで受け入れられそうな気がします。

さて、次に発見したのはミューズリー(オーツ麦のフレーク)です。
ミューズリーは北欧、バルト三国ではよく食べる朝ご飯のメニューです。特に日本ではコーンフレークがそれに当たると思います。原料はオーツむぎを使うため、グルテンがないなど非常に健康的な食べ物として認識されています。

Elovenaのオーツフレーク

フィンランドでもかなり有名なElovena社のミューズリー(オーツフレーク)は、さまざまフレーバーの付いた商品を出しています。また砂糖なしや砂糖控えめなどあります。毎朝違うフレーバーで楽しむと言うことも面白そうです。

輸入される会社は決まっており、詳しい商品サイトはこちらになります。
現在はミューズリー(オーツフレーク)は未入荷ですが、オーツクッキーを販売されています。

販売されたら朝ご飯にいかがでしょう?オーツクッキーはハイキングや、アウトドアスポーツにとても食べやすい商品と思いましたよ!

フィンランドの自然の恵みを日本で知ることができる素敵なフィンランドのブースでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です